検索
  • Takeshi Watabe

目指せ!見た目年齢マイナス10歳!!

こんにちは!!

恵比寿すこやか鍼灸整骨院の渡部です!

今回は、『若く見られるためのセルフエクササイズ』ついてお伝えします。

youtubeでも解説しております(^^)

→ https://youtu.be/bPHyQgNHC-I

若く見られるためには、鼻と顎の距離を短く見せる必要があります。

例えば美容整形では人中短縮術と言って鼻の下に切れ目を入れて短くする方法がありますが、今回は自分で簡単にできるエクササイズをご紹介いたします。

まず、鼻とあごの距離が長くなる原因は・・・

年を重ねることで口角を上げる筋肉が衰え、口角が下がり、口周りの筋肉がたるんできて距離が長くなって見えます。

そして、眉間と鼻の距離をより、鼻と顎の距離が長くなることで ・・・

『あれ?ちょっと老けた??』

と、言われるようになってしまいます。

したがって、口角を上げる筋肉や口周りの筋肉を鍛えて、鼻と顎の距離を短く見せることがとても重要になります!

たるんだ筋肉をマッサージする方法が色々とネットで紹介されていますが、

マッサージしたところでたるんだ筋肉が強くなることはありません。

マッサージで筋肉が強くなるのならば整骨院に通っているおばあちゃん達はムキムキなはずです笑

今回はマッサージではなく、自分の意思で筋肉を使う方法をお伝えします。

まずは、

①あひる口エクササイズ

あひる口をしているとちょっと可愛く見えますよね?

あひる口をすることで口角が上がり唇が前に出て、鼻と顎の距離が短く見えます。

これが可愛く見える秘訣であり、若く見せるための方法です。

そのため、あひる口をする際に使う筋肉をトレーニングとして使っていきます。

これは10秒とか20秒じゃなくて、いっぱいやって下さい!

筋肉に持久力をつけたいのでなるべく多い方が効きます!!

移動中もあひる口!!

仕事中PC見ながらあひる口!! です!!

次に、

②唇接着エクササイズ

このエクササイズでは口輪筋という口の周りの筋肉を使います!

口輪筋を使って唇を真一文字にくっつけるエクササイズです。

ポイントとしては、頬や鼻の近くの筋肉を使わずに、唇だけを使って真一文字を作ってください。

あひる口同様、たくさんやることで筋肉に持久力がついて参りますので移動中や仕事中もなるべく唇に力を入れるようにしてください!

この2つを続けて、見た目年齢マイナス10歳を目指しましょう!!!

恵比寿すこやか鍼灸整骨院  渡部


1回の閲覧

© 2019 Ebisu Sucoyaca.

  • LINE@
  • 恵比寿すこやか鍼灸整骨院 Instagram