検索
  • Takeshi Watabe

猫背・肩こり解消体操!

こんにちは!!

恵比寿すこやか鍼灸整骨院の渡部です!

今回は、『猫背・肩こり解消体操』についてお伝えします。

youtubeでも解説しております(^^)


https://youtu.be/H3FMchqAJjI

まずは猫背や肩こりの原因からお伝えしていきます。

スマホやパソコンを操作する姿勢で肩が前に入ってくると、肩甲骨が背骨から離れて外に広がってしまい、猫背や巻き肩の状態になります。

猫背や巻き肩の状態だと大胸筋という胸の筋肉が常に縮こまった状態になり、猫背や巻き肩が癖になってしまいます 。

これでは特に肩こりを感じやすい状態です。

肩こりが治らない、または猫背や巻き肩がなかなか元に戻らないというのには原因があります。

人間の体は後側の筋肉より前側の筋肉の方が強い特徴があります。

そのため背中が曲がっているおばあちゃん達は前にお辞儀していますし、脳梗塞の患者さんでは肘が曲がってしまう方が多いです。

そのため猫背や巻き肩は、前側の筋肉を治療してあげないといけないですし、前より弱い後ろ側の筋肉を鍛えてあげなくてはいけません。

今回紹介する体操は、前の筋肉を伸ばして後ろの筋肉をたくさん使うという体操です。

まず1つ目はタオル体操です!



タオルやバンダナを肩幅で持ち、そのまま万歳していきます。

バンザイしたらタオルやバンダナが頭の後ろを通るように肘を曲げて下げていきます。

その際、背中の後ろで肘と肘がくっつくくらい下げていくことが重要です。

一番下まで下げた時が普段縮こまってる大胸筋が伸びている状態です。

一番下まで下げたら、また一番上までバンザイして下さい。

この動作を毎日上下10回行ってください!

2つ目は壁体操です!




足を肩幅にして立った状態で、つま先と胸を壁にくっつけ、そしてバンザイをし重ねた手のひらも壁につけます。

胸と手のひらを壁から離さないようにゆっくりとしゃがんで行きます。

限界までしゃがむと普段縮こまっている大胸筋を伸ばすことができます。

そして同時に背中の筋肉を使うため背筋のトレーニングにもなります。

人間の体は胸側の筋肉より背中側の筋肉の方が弱いですから、背筋のトレーニングを行うことで猫背になりにくい体を作ることができます

この体操もタオル体操同様毎日10回を目安に行なってください 。

タオル体操と壁体操で、肩こりを解消していきましょう(^^)

恵比寿すこやか鍼灸整骨院 渡部


0回の閲覧

© 2019 Ebisu Sucoyaca.

  • LINE@
  • 恵比寿すこやか鍼灸整骨院 Instagram