検索
  • Takeshi Watabe

四十肩・五十肩、肩関節周囲炎への誤解

最終更新: 10月8日


こんにちは!!

恵比寿すこやか鍼灸整骨院の渡部です!

今回は、『四十肩・五十肩、肩関節周囲炎への誤解』についてお伝えします。

youtubeでも解説しております(^^)

https://youtu.be/sdBSbSBCKvk

四十肩や五十肩は、『40になると肩が痛い』『50になると肩が痛い』という様なニックネームみたいなものです。


肩関節周囲炎も、『肩関節の周囲の炎症』が起きている状態を言い表しているだけですし、こちらもニックネームのような病名です。


何一つ的確な言葉が含まれていませんよね・・・。


病院や整骨院で詳しい説明を受けた事のある患者さんは多くないはずです。


患者さんにわかりやすく伝えるために四十肩という名前を使うだけで、先生が病態を把握していれば問題ありません。


しかし、しっかりと病態を把握せずに治療をしては効果が出るはずがありません。


筋肉(インナーマッスルやアウターマッスル)に原因があるのか?


関節包(関節を包んでいる袋)に原因があるのか?


骨に原因があるのか?


靭帯(関節を補強しているバンド)に原因があるのか?


滑液包(関節が円滑に動くためのクッション)に原因があるのか ?


その他なのか?





どこに原因があるか調べるには、いくつも徒手検査(※)をしなければなりません。


※徒手検査とは、特別な機械や薬が必要なく整骨院の先生や、病院勤務されている理学療法士の先生が行う検査です。関節の可動域を測ったり、筋力の強さを調べたり、他にも各関節専用の検査を行います。


検査の結果で治療方法がかなり異なってまいります。


もしもご自身の肩の痛みの原因がお分かりにならなければ、今通っている病院や整骨院の先生に聞いてみてください!


あるいは恵比寿すこやか鍼灸整骨院にてご相談頂ければと思います !




1日でも早く皆様の肩の痛みがなくなります様に。





恵比寿すこやか鍼灸整骨院 渡部


3回の閲覧

© 2019 Ebisu Sucoyaca.

  • LINE@
  • 恵比寿すこやか鍼灸整骨院 Instagram